国内旅行を快適に!格安レンタカーを予約しておく

都心部に住んでいる人だとあまりイメージは出来ないでしょうが、日本はまだ完全に交通網が用意されているとは言い難い地域が多くあります。

JRなどを使えばそれぞれの地域の中心部にはアクセスすることが可能であるとは言え、そこから別のエリアに足を延ばすとなると、タクシーを使ったり、ローカルのバスを使うといった方法で対応をしなくてはなりません。

もちろんそれを前提にして旅行のプランを組むのであれば問題は無いのですが、そうした組み方は「魅力的だけど交通の便が悪くて行くことができない」という場所を全てあきらめなくてはならないというのは、考えておかねばならないことでしょう。

例えばある町があって、市街地も魅力的ではあるが郊外に足を延ばせば農場やワイナリーといった自然豊かなエリアがあったとします。

しかし交通の手段が徒歩しかないとなれば、市街地でのショッピングくらいしか楽しめないわけです。

ではどうすれば良いのか、そこで回答となるのが「格安レンタカーを予約しておく」という手段です。

これまでのレンタカーというのはそれなりに割高な交通手段でした。

1日借りるとすれば5000~7000円ほど、それにガソリンを足せば1万円近く使うことになってしまいますから、国内旅行ではいまひとつ選択肢に挙がっていなかったのは事実です。

しかし最近では値段を同業他社よりも引き下げて、例えば1時間あたり500円などの極めて安い価格で車を貸し出しているような業者も出てきていますから、費用を抑えた旅行であっても十分、利用を検討することができるわけです。

例えば1日3000円、ガソリン代で3000円として、4人で割り勘して払うとすれば一人当たりの交通費は1500円になります。

これくらいであればJRやバスを使って移動するのとそう変わるものでもありません。

ただこういった方法で問題になるのが「借りようとした時に全て貸出状態になっている」というケースで、レンタカーは貸し出せる数が有限である以上、この問題に非常に弱いのです。

ですから日程を組んだ時に早い段階で現地の業者を探しておいて、電話なりメールなりで予約を取っておくべきと言えます。

実際、最近の業者であればインターネットからの予約申し込みも積極的に受け付けるようになっていますし、先に連絡しておけばレンタル費用がさらに割引になるようなこともあります。

事前に比較しておけばより安い業者や、お得なキャンペーンを提供している業者を探すこともできますから、計画的に準備していくようにしましょう。